葉酸を含む野菜

一般的に、野菜の中でも葉酸が多いと言われているのは、冬が旬の小松菜、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、青菜系の葉菜が多いようです。妊娠が発覚してから、出来るだけ早く、こうした野菜などで葉酸を摂取するようにすれば、先天異常の発症リスクが抑えられるという話があります。とはいえ、毎日大量の野菜を食べることが難しいという場合には、納豆あるいはホタテなどの貝類からの摂取をおススメします。さて、葉酸とは具体的にどのような栄養素だと思いますか?葉酸とはビタミンB群のひとつで、主にホウレンソウやブロッコリーなどに含有されています。妊娠前から妊娠3ヶ月ごろまでの妊婦さんにとって、特に摂取を心がけてほしい栄養素で、適切な摂取によって、胎児の先天的な障害を負うリスクを下げて健康な成長を促す効果がある為です。また、流産といった危険性を避けることが出来るという報告があるのです。厚生労働省が推奨するように、妊娠初期の女性は1日当たり400μgの葉酸摂取が理想的とされているようです。食材だけで摂取することが難しいと考える方は、サプリメントで葉酸を補給するのも問題ありません。大きくなってきたお腹を見ると、最近まで不妊治療に通っていたのが嘘のようです。赤ちゃんが欲しいと思い始めてから2年。基礎体温はつけていたんですけど、ぜんぜん妊娠できなくて、同年代のご夫婦が子供を連れてる姿を見るたびに、やりきれない気分でした。病院で検査を受けているときまでは不安でしたが、多嚢胞性卵巣症候群というのがわかり、排卵誘発剤が有効というので試してから、三周期目で赤ちゃんを授かることができました。病院に根拠のない抵抗感を持っていたのは間違いでした。もっと早く来たかったですね。http://www.unpiut.org/

カテゴリー: 健康 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です