スキンケアの基本

肌の汚れを落とすことは、スキンケアの基本のうちのひとつです。それに、肌に水分を与えることです。しっかりと汚れを落としてキレイにしないと肌にトラブルが発生し、その原因となってしまいます。そして、肌が乾燥してしまっても肌をトラブルから保護する機能を低下させることにつながるので、絶対に保湿を行ってください。しかし、余計に保湿を行ってもいいことではありません。肌のスキンケアにも順番というものがあります。適切な使い方をしなければなんとスキンケアの効果はほとんど得られません。洗顔のあとは急いで化粧水で肌を潤しましょう。美容液を使う場合は化粧水の後。それから乳液、クリームと続きます。水分を肌に染みこませてから水分が蒸発しないように油分でフタをしましょう。肌の状態をみながら日々のスキンケアの方法は変化をつけなければなりません。肌の状態は毎日変わっていくのに同じやり方で、「おなじでもきっと大丈夫」とスキンケアをしていれば全く問題ないということはありません。乾燥気味のお肌が求めているのはさっぱりしたケアよりしっとりとした保湿だったり、生理前などお肌に影響がありそうなときは刺激の強いものから弱いケアにかえてあげるというように区別することがお肌のためなのです。また、四季の変化にもあうように使いわけることもスキンケアには必要なのです。スキンケアの必要性に疑問を感じている人もいます。スキンケアを完全に排除して肌そのものが持つ保湿力を無くさないようにしていくという考え方です。でも、メイクをした後はメイク落としをしない人はいないですよね。クレンジングの後、肌を無防備にしておくと肌は乾燥するものです。気分によっては肌断食もいいですが、必要があれば、スキンケアをするようにしてください。カサカサする肌は、毎日の洗顔の積み重ねとその後の保湿のお手入れを正確なやり方をすることで、改善が期待されます。日々化粧をしている方は、化粧落としから改めてみましょう。クレンジングで大切なことは、化粧を残りなく落とした上で同時に、必要な角質や皮膚の脂は落としすぎないようにすることです。

カテゴリー: 美容 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です