葉酸の大事さ

このところ、妊娠中の女性にとって重要な効果をもたらす栄養素として「葉酸」が知られるようになってきました。ビタミンB群に属する葉酸は水溶性で、定期的な摂取の結果、神経系障害といった先天的な障害の発症リスクが低減されたという報告があるのです。具体的な一日の葉酸摂取量の推奨値として、厚生労働省は一日当たり0.4mgの葉酸の摂取が最も効果的であると勧告しています。葉酸の摂取は、妊娠後出来るだけ早く摂取することが望ましいとされています。赤ちゃんを授かったその時から、健やかな成長を促せるように、妊娠中の方はもちろんのこと、妊娠を計画されている方や妊活中の女性も、葉酸の摂取を心がけてみてください。妊娠前から妊娠初期の摂取が最も大切だと言われる葉酸ですが、いかに大切な栄養素であっても、適切な摂取が必要です。サプリによって葉酸の補給をしている方も多いと思います。ですがサプリには普段の食事から得られる葉酸よりも、はるかに高く入っているため、正しい飲み方で摂取するようにしましょう。どのようなサプリでも過剰摂取は身体に悪影響を及ぼしますが、葉酸の場合は母体には吐き気や食欲不振といった副作用があらわれることがあるそうです。胎児への影響としては、喘息にかかりやすくなるというケースもあるようです。以前妊娠した時は、流産と言う形で赤ちゃんを失ってしまいました。私の場合は、流産から1年くらい経ってようやく、やっぱり子供が欲しいと思い、妊活について調べるようになりました。妊娠しやすい体になることを目的に、以前から悩まされていた冷え性を克服するように、運動を始めてみました。運動の最中はつらかったのですが、だんだんと楽しくなり、新陳代謝が良くなって基礎体温があがって、冷え性が改善したんです。ビタミンBの一種である葉酸は、色々な食べ物に含有しています。例えば、フルーツで言うと、イチゴが有名です。あまり耳馴染みが無いかもしれませんが、ライチも葉酸の含有量が多いと有名です。あるいは、アセロラや柿、キウイフルーツもそうですね。または、かんきつ類も葉酸が豊富な果物に当たります。十分な葉酸を簡単に摂取するためには、オレンジジュースを飲んで葉酸を補給するのも問題ありません。不妊の要因としては、受精卵が着床しにくくなる子宮着床障害や、排卵がスムーズでないといった女性側に原因があるものと、精子が微量かほとんどない無精子症や性機能障害など男性の方の要因が挙げられると思います。原因といってもこのように複数あり、男女どちらかのせいにするのは非現実的です。ほかの要因を放置して妊娠の時期を逸することがないよう、男女双方が検査を受けることが、とても重要な意味を持つのです。http://2人目産み分け.xyz/

カテゴリー: 生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です