赤ちゃんの人見知り対策

赤ちゃんの人見知り対策は、赤ちゃんの人見知りがあまりにもひどいと感じた時に始めましょう。そもそも赤ちゃんの人見知りは成長段階において、正常であるからこそ起こるものです。生後6~12ヶ月の間に大抵の赤ちゃんに起こる人見知りは、時間が経てば自然と収まります。無理に克服するのではなく、見守ることも必要になります。赤ちゃんの人見知りについては、なるべく穏やかに接してあげるようにしてください。人見知りが自然と収まっていけば問題はありません。対策が必要になってくるのは、人見知りがいつまで経っても収まる気配を見せないときですね。ひたすら泣く、寝付かない、お母さんとから離れないなどの状態が続けば辛くなってしまうでしょう。人見知り対策が必要なのはそんなときです。赤ちゃんは生後6~12ヶ月になると、両親とその他の人の区別がつくようになります。両親には慣れていても、他の人には慣れていない、それを克服してしまえば人見知りは収まるでしょう。お母さんが抱っこした状態で、初めて合う相手に赤ちゃんを徐々に慣れさせてあげれば良いのです。突然近づいたり、声をかけたりするのではなく、ゆっくり動いて優しく少しずつ話しかけてあげましょう。ADHDの子供の子育てが辛い

カテゴリー: 生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です