ダイエットのリバウンドとホメオスタシス

無理なダイエットをした場合には、リバウンドがホメオスタシスと言う機能が働くことによって起こってしまいます。ホメオスタシスに配慮しながらダイエットをすることで、リバウンドを起こしづらくすることが可能です。カロリー摂取量を減らしてダイエットをしようとする人は、ダイエットのためにとたんぱく質や脂質を減らしすぎる傾向があります。十分に栄養摂取ができない状態が続くと、人間の体はホメオスタシスによってエネルギー消費効率を落とし、カロリー不足に対抗します。摂取した栄養を体に蓄積しておこうとする為、いわゆる痩せにくい体になってしまうのです。つまり、ホメオスタシスが機能している状態では、いくら食事量を減らしても、運動によって消費カロリーを増やそうとしても、ダイエット効果が出ないようになってしまいます。ダイエットをしているのに体重が減らないと、痩せようとする気が失せてしまったりします。リバウンドが起きるのは、食事制限の反動が来て食べ過ぎてしまった時などです。リバウンド自体は人の体として自然なことであり、ダイエットをしてもリバウンドの気配がない方が不自然です。リバウンドしやすくなるくらい、ダイエットの段階が進んでいるとも考えられます。リバウンドが起きた時にダイエットを中断すると体重が増えてしまうのは言うまでもありません。ダイエット中にリバウンドが起きる段階にさしかかった場合でも、ダイエットを継続することができるかどうかが、ダイエットを続行する上で重要です。http://sit-upswomen.xyz/

カテゴリー: 美容 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です